中途半端なロシア語学習者のチェトラーチ(тетрадь)

学生時代に習っていた第2外国語、ロシア語をおさらいしつつ、 ロシア時事ネタも扱います。 その他、海外ドラマ(韓国ドラマ)、映画のレビューなど

ユ・ヘジン

【映画】 国選弁護人ユン・ジンウォン

韓国の法廷劇。

実際にあった、立ち退き拒否の住民との小競り合いの時に
死傷者が出た事件を参考にしているようです。


ただ、メインはやはり、法廷や証拠・証人集めのところです。
これは、法的知識があったり、あるいは法廷ドラマを見慣れていないと
難しい話であったのではないかと思います。


この作品のストーリーも、被告人自身の息子も殺されたのですが、
殺したとされている人は身代わりで、真犯人が警察官だから、
真相を暴くために国の責任を認める、という複雑な展開になっています。


こういう硬派のドラマは当然、イケメンは出ていなくて
(主演の俳優が、そこそこではありますが)
一応花を添える役の女性記者はいましたが、
後半、主人公の弁護士と仲が悪くなってしまう。
内容の地味さは仕方ないのかな。


あと、こういう映画には常連さんのユ・ヘジンはやっぱり出ていましたね(笑)

肝心のお話ですが、勧善懲悪というわけではなく、
正当防衛を主張した被告人は結局、有罪になるし、
悪徳検事は最後まで仕事(というか、自分のやり方)にファイトを燃やしていて、
その方がリアリティーがあるのでしょうが、
気分はスッキリ、というわけにはいかないですね。






国選弁護人 ユン・ジンウォン [DVD]
ユン・ゲサン
TCエンタテインメント
2016-12-02








ロシア(海外生活・情報) ブログランキングへ



ロシア語ランキング




海外映画ランキング


【映画】 極秘捜査

実話をもとにした韓国映画です。

とある小学生の女の子がさらわれ、身代金の要求がありますが、
被害者の親は占い師に頼って、この映画の主人公である刑事に、
捜査を担当してもらいます。
そして、その占い師も捜査に加わって、女の子を取り戻そうとする、、
という設定です。

ですので、この映画のミソは、「占い師が捜査に参加する」という
ところらしいのですが、
肝心の占い師があんまり存在感がない感じでした。
もちろん、演じている役者さんはほかの映画でもよく見るので、
実力派ではあろうと思うのですが、
この映画においてはもっと、占いのやり方とか内容とか、
占いの結果の分析を詳しく取り上げてほしかったです。


それよりも、警察内部での縄張り意識などが取り上げられて、
テーマが散漫になったような印象でした。
そもそも「極秘捜査」というタイトルなら、
2~3人の刑事でひっそり捜査をやっているようなイメージですが、、
地元警察と首都(ソウル)警察と、あちこちの警察が絡んできて、
功を争ってもめたりしていましたね。


一方、さらわれた女の子の母親も憔悴しきって身代金を渡しに行けなくなり、
代わりに女の子の叔母がその役割をするのですが、
その母親の印象も薄かったです。


主役の刑事さんは、きちんと存在感がありました。
この人、「復活」のポップコーン探偵なんですね。
この映画では、全然ポップコーンを食べていませんでしたけど








極秘捜査 [レンタル落ち]
キム・ユンソク
2016-09-02







ちなみに、「復活」。もう13年くらい前のドラマなんですね。

復活 DVD-BOX 1
ポニーキャニオン
2006-12-20



ロシア(海外生活・情報) ブログランキングへ



海外映画ランキング



自己紹介
<ロシア語学習歴>
15~17歳、独学
18~22歳 大学(第2外国語)
23歳~  独学でやったりやらなかったり

<ロシア渡航歴>
2回  (1990年8月、2001年6月)

<友達>
ロシア人の友達は、ダンスの先生1人だけ(涙)
ただし、引っ越してしまったのでフェイスブックだけのお付き合い

<勉強ツール>
NHK教育のTV・ラジオ講座
記事検索
タグ絞り込み検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
アマゾン






楽天市場