中途半端なロシア語学習者のチェトラーチ(тетрадь)

学生時代に習っていた第2外国語、ロシア語をおさらいしつつ、 ロシア時事ネタも扱います。 その他、海外ドラマ(韓国ドラマ)、映画のレビューなど

ドイツ

【映画】 ヒトラーへの285枚の葉書



舞台はベルリン。
一人息子を戦死させてた老夫婦が、やり場のない感情を
ナチスへの怒りの声にしてハガキにしたため、
最後は、処刑されるというお話です。


邦題は「ヒトラーへの」となっていますが、実際は、
ドイツの市民に当てた、政権批判です。
なぜハガキかというと、手軽に手に入りやすいのと、
正体がばれにくい(紙が大きいと文字も大きくしないといけないから、
筆跡を隠すように文章を書けないから)からみたいです。



原題は「ベルリンで一人ぼっち」ということらしいですが、
この映画では、止めるのも聞かずに奥さん(戦死した兵士の母親)
も強引に政権批判に加わって、
結局、処刑されていますので、何が「一人ぼっち」
だったのかは、わかりません。


平凡なベルリン市民の日常を描いていますが、
それでもこの時代ですから、拷問や、
無実の罪を着せたり、見るにつらいシーンはあります。


一般市民のナチス政権への抵抗運動は結構あった
みたいですね。


ところで、この映画の警部役の人ですが、
あの「グッバイレーニン」の主役の青年をやった人ですね。
あれから15年くらいたつから、こういうおじさんの役も
するようになったんですね。


ベルリンが舞台でありながら、主役の夫婦はイギリス人俳優、
セリフが英語の舞台です
(文字とかは、ドイツ語)





ヒトラーへの285枚の葉書 [DVD]
エマ・トンプソン
アルバトロス
2017-12-02






ロシア(海外生活・情報) ブログランキングへ



海外映画ランキング



【映画】 グッバイ、レーニン



ロシアものではないのですが、ドイツ映画「グッバイレーニン」を見ました。

これを「コメディ」のジャンルに入れているところもありますが、ちょっと違う。
「ユーモア」はあります。

東ドイツで表彰されるほど愛国主義的活動を
熱心に行ってきた母親が寝たきりになったあと、
母の病状を悪化させないために、まだ社会主義国が存在していると
「みせかけよう」とする息子の物語。

旧東側の国が、自分たちの優位性を強調するために
社会主義がユートピアであるかのように
「見せかけて」いましたが、そのことを髣髴とさせます。

ただこの映画の場合、同機は自分たちの利益ではなく、
母への思いやりなのですが、、、



この映画には、当の息子の恋人(婚約者)に、
ソ連から来た看護婦の研修生なる女性が出てきます。

ただ、社会主義の本場?から来た彼女のほうがさばけていて、
ベルリンの壁が崩壊した事実を母親に教えるように、
主人公の青年にアドバイスしたりします。
彼女のほうが、時代を見る目があったのか、
それとも、肉親であるかないかの差なのか、、、



この映画に出てくる、主人公の青年とその母親
(主人公の姉と前夫の間の娘、再婚相手なども同居していますが)
のアパートのお部屋が、「モスクワは涙を信じない」の
カーチャ・サーシャ親子のアパートを髣髴とさせます。

社会主義時代の、狭いけれどもなんとか工夫して
内装も工夫して住みこなしている家、という感じですね。
懐かしいです(実際に実物をほとんど見たことはないが)



あと、西ベルリンに亡命した、主人公のお父さん。
東ベルリンで妻(主人公の母親)と離婚したわけでもないのに、
西ベルリンで再婚しているけど、重婚にならないのかな?






グッバイ、レーニン! [DVD]
ダニエル・ブリュール
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
2014-01-10




ロシア(海外生活・情報) ブログランキングへ


自己紹介
<ロシア語学習歴>
15~17歳、独学
18~22歳 大学(第2外国語)
23歳~  独学でやったりやらなかったり

<ロシア渡航歴>
2回  (1990年8月、2001年6月)

<友達>
ロシア人の友達は、ダンスの先生1人だけ(涙)
ただし、引っ越してしまったのでフェイスブックだけのお付き合い

<勉強ツール>
NHK教育のTV・ラジオ講座
記事検索
タグ絞り込み検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
アマゾン






楽天市場