中途半端なロシア語学習者のチェトラーチ(тетрадь)

学生時代に習っていた第2外国語、ロシア語をおさらいしつつ、 ロシア時事ネタも扱います。 その他、海外ドラマ(韓国ドラマ)、映画のレビューなど

アレクセイ・チャドフ

【映画】不倫の果て

原題は、「愛について」

だから、不倫だからどうのこうのという話ではないです。
ネット上のレビューはあまりよくないのですが、
私はそんなに悪くない話だと思いました。


貧乏学生と貧乏学者の夫婦。
夫の教え子でもある女子学生ニーナは、
それなりに夫婦関係に満足していたと思いますが、
お金のことで喧嘩がたえなくなると、借金の支払いを伸ばしてくれた
銀行の役員の中年男性、セルゲイと関係を持つようになります。

ニーナはそのままセルゲイに夢中になって、
夫にすべてばらして家を飛び出し、セルゲイの愛人になります。
でも愛人で満足できないニーナは、妊娠をきっかけに
うまいことセルゲイと再婚します。

それでめでたしかといえばそうでもなく、
でも、セルゲイもそんなひどい扱いをしていないのに、
最後のほうでニーナは「恋なんて病にすぎない」と醒めて、終わりとなります。



ペテルブルグの風景も織り交ぜられて、映像は美しいです。
場面が切り替わるときの青い線がイヤというレビューも多かったのですが、
私はそれほど気になりませんでした。
ただ、セルゲイがなぜニーナに惹かれていったのか、とか
(単に若い女がよかっただけ?)
なぜ、ニーナは最後のほうで前夫のサーシャにのこのこついていったのか、とか
ちょっと心理がわからない場面がありました。


ところで、前夫のサーシャをやった俳優さんですが、
ほかの映画では総合格闘家の役で主演でしたね。
この映画では、中国語ペラペラの学者さんという、
すっごく演技の幅が広い人なんですね!


結局「愛」とは、夢中になって満足して醒めて、という展開に
なるもんだよ、というのが主題だったんでしょうかね?


ロシア人も恋愛では結構奔放で、
離婚と再婚を繰り返すみたいですから、
不倫がそんなに重いものでもないと思います。





不倫の果て [DVD]
アンナ・チポフスカヤ
アメイジングD.C.
2018-02-02




アンナ・チポフスカヤ(ニーナ)の主演他作品



中国語の学者(アレクセイ・チャドフ)が総合格闘家役をやった作品
ヴァーサス [DVD]
アレクセイ・チャドフ
トランスフォーマー
2017-04-07




ロシア(海外生活・情報) ブログランキングへ



海外映画ランキング





【映画】 ヴァーサス

原題は「молот」、ハンマーのことです。

ハンマーと言えば、ソ連邦の国旗にハンマーが描いてありましたが、
それとは関係がないかな(笑)

ハンマーは、主人公ヴィクトルのあだ名です。
多分、相手をボコボコに殴るイメージから
ついたんじゃないかと思います。
作品中、試合を観戦している客が「молот」と書いた
横断幕を掲げているシーンもありました。


この主人公の本名ですが、たぶん推測がつくと思いますが、
「勝利」という意味です。
格闘家にふさわしいですね!

そして、対戦相手のリヴェラ(アメリカ人らしい)は、あだ名がタイフーンです。

さらに、格闘家ではありませんが、悪役はあだ名がシャーク。
なぜ「サメ」なのか、その由来を語るシーンはありませんでした。
(作品中はロシア語で「акула」と呼ばれていたが)


この作品は、格闘家のヴィクトル(ビーチャ)、とマフィア?のシャーク(アクーラ)、
そして二人の高校時代のあこがれの女性、ヴェラとの
三角関係をメインにした話です。
舞台は、総合格闘技というのかな?(私はこの分野、全然くわしくありません)
ボクシングとレスリングを組み合わせたような試合をやっていました。


この作品、最初の15分くらいでアクションとカーチェイスという
見せ場を早速持ってきています。
ヴィクトルとヴェラは高校卒業以来の再会だったようですが、
さっそくいい雰囲気になったときに、
彼女をめぐってヴィクトルとシャークが喧嘩になります
(というか、シャークが一方的に襲ってきたのだが)
そのときの交通事故で、ヴィクトルは頭に怪我を負い、
選手生命が危ぶまれるのです。


ここまで相手に大けがをさせたシャークが、
刑務所に入らず、のほほんと過ごしていられたのは、
多分、警察に袖の下を渡したんでしょうね。


ここからさきはネタバレになりますが、
シャークの罠にはまりながらもヴィクトルは無理やり復帰して、
リヴェラとの試合に臨みます。


で、いろいろあったのですが、奇跡的にリヴェラに勝利して、
ヴェラも取り戻して、二人でまたいい雰囲気に
なったときに、またシャークに襲われます。


というか、それまで何度もシャークに脅迫されていたのに、
全然警備の人をつけないで二人だけで帰宅しようと
するのも、ムリがあると思いますけどね。


とにかく、シャークというのはかっとなりやすい性格の様で、
トラックをハイジャック?して二人の車をつけ回し、
またカーチェイスになりますが、
今度はヴィクトルがシャークをやっつけて
ハッピーエンドということになりました。


とにかくこの作品は、格闘技の試合シーンと
カーチェイスではらはらさせるのがウリなんでしょうね。
確かに、食事しながら見ているとはらはらして、
なんだか消化に悪そうでした。


ところで、どこかのレビューで「ヴィクトルがロシア人に見えない」
というのがありましたが、
私に言わせると、シャークのほうが、ロシア人ぽくないです。
こういうちゃらちゃらしたボンボンは、ハリウッド映画にはよく出てきますが、
ロシア映画では珍しいと思います。


あともう一つ、
この映画、あんなところで終わりにしないでほしかったです。
ハッピーエンドなのはわかったのですが、
その後、ヴィクトルは選手活動をつづけたのか、
あるいは引退して別の仕事をしながらヴェラと平和に暮らしたのか、
くらい、見せてほしかったです。






自己紹介
<ロシア語学習歴>
15~17歳、独学
18~22歳 大学(第2外国語)
23歳~  独学でやったりやらなかったり

<ロシア渡航歴>
2回  (1990年8月、2001年6月)

<友達>
ロシア人の友達は、ダンスの先生1人だけ(涙)
ただし、引っ越してしまったのでフェイスブックだけのお付き合い

<勉強ツール>
NHK教育のTV・ラジオ講座
記事検索
タグ絞り込み検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
アマゾン






楽天市場