中途半端なロシア語学習者のチェトラーチ(тетрадь)

学生時代に習っていた第2外国語、ロシア語をおさらいしつつ、 ロシア時事ネタも扱います。 その他、海外ドラマ(韓国ドラマ)、映画のレビューなど

日記・その他

NHKのロシア語講座

私の今のロシア語の学習方法ですが、
時間は、夕食の支度のときしかとれません。

この時に、TVでロシア語(ロシアゴスキー)の新作があれば、
録画しておいたものを見ます。


新作がなければ、スマホのストリーミングで、NHK教育のラジオ講座
まいにちロシア語を聴きます。

何しろ料理をしながらなので(テキストも買わないし)
基本は入門編を聴きます。

でも、今年の10月からのコースは、応用編も聴いています。
応用編の講師が、徳永晴美さんとアレクセイ・ラフーボさんという、
80年代にTVロシア語講座を見ていた者にとっては、
とっても懐かしい顔ぶれだったからです。


このように、アリョーシャ(アレクセイ)さんのことは
30年以上前から知っていたのですが、
アリョーシャさんの父称については、実は先月、
今回の応用編を聴くようになってから、初めて知りました
(アレクセイ・ペトローヴィッチとおっしゃるのですね)







ロシア(海外生活・情報) ブログランキングへ



S7航空 ロシアのLCC?

成田空港に、飛行機を見に行きました
(暇じゃないけど、気分転換が必要だったのですね)



そこで知ったのが、成田発ウラジオストク行直行便なるもの。
もとい、S7航空という航空会社です。


私は、生まれて初めて乗った飛行機が、アエロフロートのイリューシン62という、
ちょっと変わった経歴の持ち主です。


ロシアと言えば、アエロフロートだったのですが、
知らない間に、いろいろな航空会社が誕生していたようです。
(ロシア渡航歴2回あるけど、どっちもアエロフロートだった)


今日も、緑色の飛行機が、成田空港を飛び立っていきました。
ちなみに、「S」はシベリア(Сибирь)のSだそうです。

写真の、15:25発、ウラジオストク行がそれですね。
成田空港2018秋 (5)


S7航空 公式



ロシア(海外生活・情報) ブログランキングへ










ブログスタート

こちらのライブドアブログにて、
ロシア語学習者のつれづれを書くことにしました。


今まで、あちこちのブログサービスで、このテーマについて書いてきました。
今後はここライブドアブログに腰を据えようと思います。

090512_150325






ロシア(海外生活・情報) ブログランキングへ




アナと雪の女王の舞台

センター試験の問題がきっかけで、

ムーミンの舞台がどこかで物議を醸していますが。

 

 

「ムーミン谷」はフィンランド? =センター試験問題で疑問も
1/16(火)  配信

大学入試センター試験の地理Bで出題されたアニメに関する問題が波紋を広げている。
問題では「ノルウェーとフィンランドを舞台にしたアニメ」として「ムーミン」と
「小さなバイキングビッケ」を掲載し、
フィンランドに関するアニメと言語の組み合わせを選ばせた。
しかし、「ムーミンがフィンランドを舞台としているとは断定できない」とも指摘されている。

(中略)
ムーミンの原作者トーベ・ヤンソンはフィンランド人だが、
スウェーデン語で作品を書いた。大阪大スウェーデン語研究室は、
「ムーミンの舞台は『ムーミン谷』とされる架空の場所で、
フィンランドと明示されていない」との見解を公表した。




ムーミンといえば、これは「カバ」ではなく笑い泣きムーミントロールという妖精?だとされています
トロールといえば、「アナと雪の女王」にでてくるパビーもトロールとされているので、
ムーミンとパビーは、同族の生き物ということになりますね(外見は全然違うが)

となると、アナ雪の舞台はフィンランドなのかな?ということになりそうですが、、、
ただ、エルサが「フィヨルド」を凍らせてたりしていますので、
舞台はノルウェーなんではないかな、とも言われております。
でも、ノルウェーに女王がいたことはなく、女王がいた(いる)のは、
この周辺だと、スウェーデンかデンマークですね。

となると、アナ雪の舞台は、北欧の4か国をごっちゃにして作られたんじゃないかな、
と考えております。
は北欧の話は、神秘的でイイね



o0640042614113493828









ロシア(海外生活・情報) ブログランキングへ



ロシア語ランキング




海外映画ランキング


貝沢哉さん

今やっているNHK教育のロシア語会話の先生役の人は、貝沢哉さん

若そうに見えて、もしかして私と年が近いかも、と思ったのですが、
もうすぐ50歳近い方なんですね。



一つ疑問なのが、なぜ番組で小林麻耶さんが「先生」と呼ばず
「ハジメさん」と呼びかけているんでしょうね?
昔はこういう場面では「先生」だったんですが。

最近のNHK教育の語学番組の方針なんでしょうか?


早稲田大学研究者データベース




偉業 (光文社古典新訳文庫)
ウラジーミル ナボコフ
光文社
2016-10-12






ロシア(海外生活・情報) ブログランキングへ

自己紹介
<ロシア語学習歴>
15~17歳、独学
18~22歳 大学(第2外国語)
23歳~  独学でやったりやらなかったり

<ロシア渡航歴>
2回  (1990年8月、2001年6月)

<友達>
ロシア人の友達は、ダンスの先生1人だけ(涙)
ただし、引っ越してしまったのでフェイスブックだけのお付き合い

<勉強ツール>
NHK教育のTV・ラジオ講座
記事検索
タグ絞り込み検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
アマゾン






楽天市場