中途半端なロシア語学習者のチェトラーチ(тетрадь)

学生時代に習っていた第2外国語、ロシア語をおさらいしつつ、 ロシア時事ネタも扱います。 その他、海外ドラマ(韓国ドラマ)、映画のレビューなど

日記・その他

ライブドアの公式ブロガーの絵日記ブログについて

今日はロシアとかは関係ない、「その他」ジャンルの話です。

こちら↓を見て、今日のテーマを書く気になりました。



私は育児ブログも見るのが好きで、
ライブドアのブログの更新情報のページをブックマークしたりしていますが、
実は、絵日記ブログの公式ブロガーの3分の1のブログがキライです。


上にリンクを貼った方のブログはキライではなく、
いつも楽しみに読ませてもらっています。
あと、アンチコメントもどこのブログににも書いたことがありません。
(これは本当のことで、IPアドレスを調べてもらってもいいくらいです)
でも、キライなブログは目にしたくないなあ、とちょっと悩んでいます。


キライなブログは、なぜキライなのかというと、

1.絵がキライ
2.内容がくだらない、あるいは内容が全然大したことがない

の2パターンに分かれます。
キライならそのブログにアクセスしなければいいじゃん、と
思われる方もいるでしょう。
「2」のパターンのブログであれば、それで内容を見ずに避けることはできます。
でも、「1」のパターンはそうもいかないんです。

更新情報のページにそのブログの絵が1コマ、どうしても載っていますし、
ライブドアブログの管理画面で大体的に宣伝していることもあります。
そういうキライなブログの絵を見るとすぐに目を背けて、
その絵についての記憶を頭の中からさっさと消すことにしています。

といっても、気持ち悪い絵ほど記憶に残っちゃうこともあり、
そういうときは、「胸糞悪いものを見せられたな」という
不快感が結構、続いたりします。

こういうのって、どうしたらいいんでしょうかね?
こういうキライなブログを避けるために、ライブドアブログ
そのものに近づかないようにしたほうがいいかというと、
好きなブログも結構あるので、困っています。


同様の理由で、好きなブロガーさんのブログで、
キライなブログのブロガーと交流していることとか
その書籍の宣伝とかは書いてほしくないなあ、とも思っています。



好きなブロガーさんの著書









やめて! ハハのライフはもうゼロよ!
イメトモ
秀和システム
2017-10-07




ロシア(海外生活・情報) ブログランキングへ



ロシア語ランキング




海外映画ランキング







エカテリーナ2世の名前

あの有名なエカテリーナ2世が、ドイツの出身であることは有名ですね。
彼女の幼少期の名前は、「ゾフィー・フレデリーケ」といいました。

それだと、ロシアに嫁入りしてロシア名に改名するときに、
「ソフィヤ・アレクセーヴナ」という名前になってもよかったはずです。
でも、「エカテリーナ」という名前をエリザヴェータ女帝からつけてもらっています。


それはなぜなんでしょう?
その理由は、この本を見てわかりました。





(ページは少ないですが、ロシアも取り上げられて、ピョートル1世が出てきます。
エリザヴェータとエカテリーナ2世は出てきませんが)




ピョートル1世には異母姉がいて(その人の名が、ソフィヤだったんですね)
彼女は、ピョートル・エリザヴェータ父娘の政敵だったというのです。

要するに、エリザヴェータはソフィヤ伯母がキライだったので、
嫁に同じ名前を名乗ってほしくなかったのですね。
その代わりに、自分の母(エカテリーナ1世)と同じ名前を
つけてあげたのだから、
最初は嫁のことを大切にするつもりがあったのでしょう。



この学習漫画、山川出版社も編集協力しているようです。





 



ロシア(海外生活・情報) ブログランキングへ



海外映画ランキング




NHKのロシア語講座

私の今のロシア語の学習方法ですが、
時間は、夕食の支度のときしかとれません。

この時に、TVでロシア語(ロシアゴスキー)の新作があれば、
録画しておいたものを見ます。


新作がなければ、スマホのストリーミングで、NHK教育のラジオ講座
まいにちロシア語を聴きます。

何しろ料理をしながらなので(テキストも買わないし)
基本は入門編を聴きます。

でも、今年の10月からのコースは、応用編も聴いています。
応用編の講師が、徳永晴美さんとアレクセイ・ラフーボさんという、
80年代にTVロシア語講座を見ていた者にとっては、
とっても懐かしい顔ぶれだったからです。


このように、アリョーシャ(アレクセイ)さんのことは
30年以上前から知っていたのですが、
アリョーシャさんの父称については、実は先月、
今回の応用編を聴くようになってから、初めて知りました
(アレクセイ・ペトローヴィッチとおっしゃるのですね)







ロシア(海外生活・情報) ブログランキングへ



S7航空 ロシアのLCC?

成田空港に、飛行機を見に行きました
(暇じゃないけど、気分転換が必要だったのですね)



そこで知ったのが、成田発ウラジオストク行直行便なるもの。
もとい、S7航空という航空会社です。


私は、生まれて初めて乗った飛行機が、アエロフロートのイリューシン62という、
ちょっと変わった経歴の持ち主です。


ロシアと言えば、アエロフロートだったのですが、
知らない間に、いろいろな航空会社が誕生していたようです。
(ロシア渡航歴2回あるけど、どっちもアエロフロートだった)


今日も、緑色の飛行機が、成田空港を飛び立っていきました。
ちなみに、「S」はシベリア(Сибирь)のSだそうです。

写真の、15:25発、ウラジオストク行がそれですね。
成田空港2018秋 (5)


S7航空 公式



ロシア(海外生活・情報) ブログランキングへ










ブログスタート

こちらのライブドアブログにて、
ロシア語学習者のつれづれを書くことにしました。


今まで、あちこちのブログサービスで、このテーマについて書いてきました。
今後はここライブドアブログに腰を据えようと思います。

090512_150325






ロシア(海外生活・情報) ブログランキングへ




自己紹介
<ロシア語学習歴>
15~17歳、独学
18~22歳 大学(第2外国語)
23歳~  独学でやったりやらなかったり

<ロシア渡航歴>
2回  (1990年8月、2001年6月)

<友達>
ロシア人の友達は、ダンスの先生1人だけ(涙)
ただし、引っ越してしまったのでフェイスブックだけのお付き合い

<勉強ツール>
NHK教育のTV・ラジオ講座
記事検索
タグ絞り込み検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
アマゾン






楽天市場