中途半端なロシア語学習者のチェトラーチ(тетрадь)

学生時代に習っていた第2外国語、ロシア語をおさらいしつつ、 ロシア時事ネタも扱います。 その他、海外ドラマ(韓国ドラマ)、映画のレビューなど

映画・海外ドラマ

【映画】アラビアの女王

原題は「砂漠の女王」

実在した探検家、ガートルード・ベルの物語だそうです。


最初、テヘランのあたりを見ていた時に、
これハーレクイン風のラブロマンスなのかなと思っていましたが、
テヘランでの恋人が死んでからは、ヒロインが淡々と砂漠の旅を
続けるという、地味~なストーリーになりました。
そしてもう一度、ロマンスが出てくるのですが
(今度も外交官、でもこっちは不倫になっちゃう)
そちらの展開も淡々とし、そして最後は死別であっさりと終わりました。


陳腐な手法で無理にもりあげなくてもいいけど、
本当に、淡々と話が進みます。
女性が危険なところを旅しているのに、とくにハラハラする場面も
ありませんでした。


それならそれでいいんだけど、それだったら、
ヒロインが砂漠に惹かれていく理由をもっと掘り下げるとか、
砂漠で出会った人たちとの交流をもっと描いてほしかったです。

現地の人々との交流といえば、部族長に歓迎され宴会でもてなされました、
的がほとんどでした。


ただ、この作品を見たおかげで、サウジアラビアとヨルダンが建国された
いきさつを確認(大学受験のとき、世界史で勉強したはずなので)
できたのはよかったです。

今、内乱で問題のシリアも出てきたしね。

ヒロインの美貌をめでるのがメインの作品でした。
(私はよく知らなかったけど、有名な女優さんでしたね)





アラビアの女王 愛と宿命の日々 [DVD]
ニコール・キッドマン
ギャガ
2018-07-03



砂漠の女王―イラク建国の母ガートルード・ベルの生涯
ジャネット ウォラック
ソニーマガジンズ
2006-03





ロシア(海外生活・情報) ブログランキングへ



ロシア語ランキング




海外映画ランキング




【映画】 ヒトラーに屈しなかった国王

ノルウェーの国王、ホーコン7世の物語。
実はノルウェーの王室は歴史が浅く、ノルウェーだけの国王というのは、
そんなにいないのですが、どこから数えて「7世」なんでしょうね?


本題に戻りますが、第2次世界大戦中、中立を保っていたはずの
ノルウェーにもドイツが侵攻してきますが、
そのときに、おとなしくドイツに降伏するか、あるいは抗戦するかの選択を迫られます。


ノルウェーは立憲君主国で、国王が政治に口を挟めない
(この点は、日本の天皇制度と似たものだと思えばいいのかな?)
のですが、ドイツ公使は国王を説得に押しかけてきます。
でも、国王は国民の意思を尊重する、と突っぱねるのです。
国王単独で変に気をまわして降伏せずに、祖国のためを思って
抗戦を選んだため、国王一家は亡命
(しかも、家族バラバラで違う国に亡命)となってしまいましたので、
国王も苦労が多いものなんだな、と思いました。


国王と孫たちとは仲が良くてほほえましいのですが、
皇太子はもういい年のおじさんですので、自分の意見があって
(口出しもしてくるので)、その変も大変そうでした。


ただ、もう少し人間ドラマを見たかったと思いますが、
歴史的事実の描写に絞って作り上げた作品という感じ。
歴史ドキュメンタリー風にとらえればばいいのかな、と思います。






ヒトラーに屈しなかった国王 [DVD]
イェスパー・クリステンセン
TCエンタテインメント
2018-08-03






ロシア(海外生活・情報) ブログランキングへ



ロシア語ランキング




海外映画ランキング




【映画】 国選弁護人ユン・ジンウォン

韓国の法廷劇。

実際にあった、立ち退き拒否の住民との小競り合いの時に
死傷者が出た事件を参考にしているようです。


ただ、メインはやはり、法廷や証拠・証人集めのところです。
これは、法的知識があったり、あるいは法廷ドラマを見慣れていないと
難しい話であったのではないかと思います。


この作品のストーリーも、被告人自身の息子も殺されたのですが、
殺したとされている人は身代わりで、真犯人が警察官だから、
真相を暴くために国の責任を認める、という複雑な展開になっています。


こういう硬派のドラマは当然、イケメンは出ていなくて
(主演の俳優が、そこそこではありますが)
一応花を添える役の女性記者はいましたが、
後半、主人公の弁護士と仲が悪くなってしまう。
内容の地味さは仕方ないのかな。


あと、こういう映画には常連さんのユ・ヘジンはやっぱり出ていましたね(笑)

肝心のお話ですが、勧善懲悪というわけではなく、
正当防衛を主張した被告人は結局、有罪になるし、
悪徳検事は最後まで仕事(というか、自分のやり方)にファイトを燃やしていて、
その方がリアリティーがあるのでしょうが、
気分はスッキリ、というわけにはいかないですね。






国選弁護人 ユン・ジンウォン [DVD]
ユン・ゲサン
TCエンタテインメント
2016-12-02








ロシア(海外生活・情報) ブログランキングへ



ロシア語ランキング




海外映画ランキング


【ドラマ】不滅の恋人

NHKで吹き替えで放送されたドラマです。

主役の二人が、正直言って時代劇の服装があまり似合うタイプではない
(現代人の服装の時は、カッコイイ、かわいいと思うのですが、
二人とも目鼻立ちが韓服と合わないような気がする)
のですが、どちらもほかのドラマでお馴染みだったので、
期待して見ることにしました。



このドラマは、癸酉靖難(ケユジョンナン)を題材にしているのですが、
登場人物は架空の人物としているので、結論は歴史通りでないんだろうな、
と思い、ハラハラしながら見ていました。
ハッピーエンドでよかったね、と思いましたし、ちゃんと因果応報もありましたね。


ただ、妓生のヨギョンがチニャン大君の正室ナギョンに
どんな復讐をするのかなと思っていたのですが、
ヨギョンはウンソン大君を手助けするだけで、直接ナギョンに何か攻撃をしなかったので、
そこが肩透かしというか、伏線をうまく回収できなかったようなきらいがありました。


この話、最初は「七日の王妃」にすっごく似てる!と思いました。
王族の兄弟に愛されるとか、ヒーローは死にかける、
ヒロインは男装したり妓生の扮装をしたり、とか
共通点が多くて、混乱しそうでした。
ドラマが当たるパターンって、大体決まっているのですね。








不滅の恋人 DVD-BOX1
ユン・シユン
ポニーキャニオン
2019-08-02




ロシア(海外生活・情報) ブログランキングへ



ロシア語ランキング




海外映画ランキング


【映画】 ウィザード・バトル 氷の魔術師と炎の怪物

原題は、「霜爺、魔術師の戦い」という感じになるのかな?
 

こちらは、ロシア版子供向けクリスマス映画ですね。
ディズニーの子供向け実写映画みたいでした。


ファンタジーはそんなに好きでないしめったに見ないので、
この作品については「こんなもんでしょう」という感じでした。

ただ、メインのサンタクロース2人は意外とロシア芸能界の大御所俳優みたいですね。


ここで、ロシアのサンタクロースについてご紹介しておきます。
ロシアは一応キリスト教でも、宗派が違う(プロテスタントか正教会か)ので、
ロシアにはもともと、サンタクロースはいません。
ロシアにいるのは「霜じいさん」(ヂェドマロース)です。
これはおとぎ話のキャラだったようですが、
西欧からサンタクロース伝説がもたらされたときに、両者が合体したようですね。

同様に、ロシアのクリスマスツリーもちょっと違って、
「ヨールカ」という名前の木で、お祝いは新年にやります。
ですので、正確には「新年ツリー」ですね。

プレゼント云々も外国からもたらされ、商業主義と結びついて
行われるようになったみたいです。











ウィザード・バトル 氷の魔術師と炎の怪物 [DVD]
ヒョードル・ボンダルチューク
トランスフォーマー
2017-11-02




ヂェドマロースと雪娘(スニェーグラチカ)

 



ロシア(海外生活・情報) ブログランキングへ



ロシア語ランキング




海外映画ランキング



自己紹介
<ロシア語学習歴>
15~17歳、独学
18~22歳 大学(第2外国語)
23歳~  独学でやったりやらなかったり

<ロシア渡航歴>
2回  (1990年8月、2001年6月)

<友達>
ロシア人の友達は、ダンスの先生1人だけ(涙)
ただし、引っ越してしまったのでフェイスブックだけのお付き合い

<勉強ツール>
NHK教育のTV・ラジオ講座
記事検索
タグ絞り込み検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
アマゾン






楽天市場