中途半端なロシア語学習者のチェトラーチ(тетрадь)

学生時代に習っていた第2外国語、ロシア語をおさらいしつつ、 ロシア時事ネタも扱います。 その他、海外ドラマ(韓国ドラマ)、映画のレビューなど

【映画】 この道は母へと続く

タイトルからすると、「母を訪ねて三千里」っぽい話しかな?と思われるだろう。
ハズレではないが、実際主人公のソンツェフ少年が
母親探しに出かけるのは、 物語りも後半になってからで、そこに行くまでは、
現在のロシアの孤児たちの状況など、社会問題が描かれている。


というのも、舞台は孤児院なのに、
何故かソンツェフ少年が洗車のアルバイトに出たり、
そして稼ぎを年長の少年(10代半ばくらい?)に取り上げられたりしている。
また、文字を年長の少女(これも10代半ばくらい?)に教わったりしている。
孤児院で字を習ったりしないのか?ナゾである。


という、日本とはイメージの違った孤児院像に結構気をとられたりしながら見ていたが、
見終わってから考えてみるに、
この孤児院はとりあえず孤児を集めて必要最低限食べさせる程度で、
孤児の教育とかやっていないようであり、
院長は孤児たちをしっかり監督しようという気もなく、
だから、年長の少年少女たちは、籍は孤児院においておきながら、
自分たちで好き勝手に外で生活して、アルバイト以外に盗みとか、
少女の場合、援助交際とかをして生計を立てている様子なんでないかな?と思う。


話しが逸れたが、後半、裕福な家庭への養子の話を犠牲にしてまで、
ソンツェフ少年が実の母親探しに出かけ、運よく実母の情報を得るのだが、
なぜ、実母が彼を手放したかの事情が、
全然描かれないのは何故なんじゃーという、ラストであった。


私は最後近くまで見ていて、 多分、ヴェーラは実母ではなく、
実母の姉妹かなんかで、
実母はソンツェフ少年を出産後、肥立ちが悪くて死亡。
ヴェーラもその当時は学生かなんかで経済力がないから、
生まれたてのソンツェフ少年を孤児院に託したのかな?
ヴァーニャ(ソンツェフ)も、叔母さんに逢って気がすんで、
イタリア人夫婦のところへ養子にいくのかな?
というラストを予想したりしたのだが、、、、


あのラストの締めもなんなんだー
アントン少年で簡単に身代わりになれるなら、
マダムことジャンナと運転手の、ソンツェフ少年捜索の苦労もなんなんだー
という落ちでしたね。


そもそも、この映画のオープニングを見たときに、
主役はアントン少年のほうか?と思えるようなカメラアングルとか、、、、
テーマは感動的だと思うけど、細かいところはアラがある映画でした。


ただ、この映画の原題が「イタリア人」となっていたけど、
邦題のつけ方は、うまいと思う。



この道は母へとつづく [DVD]
コーリャ・スピリドノフ
角川エンタテインメント
2008-08-08





ロシア(海外生活・情報) ブログランキングへ



海外映画ランキング


国の名前

グルジア政府が、日本語による同国の国名表記を英語表記(Georgia)に
基づく「ジョージア」に変更するよう求めていることがわかった。 
グルジアの国名はグルジア語でサカルトベロ。
今月10日に行われた日・グルジア外相会談の際、ワシャゼ外相が中曽根外相に、
「“グルジア”はロシア語表記に基づくので変えて欲しい」と訴えたという。
グルジアは、ロシアとの間に紛争を抱えるなど、
反露感情が根強いことが今回の要求の背景にあるようだ。(
読売新聞から)



グルジアの気持ちもわからなくはないけど、日本ではジョージアというと、
缶コーヒーをイメージする人も多いでしょうからね、、、、、
それを言うなら、日本も「ジャパン」という言い方やめてほしい、と
私は、かなり昔から思っていました。
もし「ニッポン」という言い方が国際的に通用するようになったら、ロシア語で日本は「ニポーニア」?






ロシア(海外生活・情報) ブログランキングへ



海外映画ランキング





ウォッカが欲しくなる

久しぶりにウォッカを家で飲みたくなり、地元の街のデパートに行きました。
ところが、韓国産とかアメリカのメーカーのしか、なかったのです。
これが以前住んでいた東京だと、デパ地下にはロシア産も結構あったりしたんですけどね。


大学を卒業してから就職した会社を早くやめてしまったのですが、
そのとき、同期の仲間たちからお餞別に「リモーナヤ」をもらったりしました。
そのリモーナヤは、銀座のデパートで買ってくれたものでした。
しかし今は地方都市、しかもロシアとあんまり交流のないところのせいか、
ロシア産はお店では買えないようなのです。
そりゃ、ソ連時代のころは、日本の街中のお店ではソ連産なんて売っていなくて、
わざわざ新橋のベリョースカまで行って買ったりしていたんですけど、
ロシア連邦になった今で、少なくともデパ地下で
ロシア産が買えないとは、思わなかったです。


自分がそんな不便な地方都市にいるのがちょっとショックでしたが、気を取り直して、
インターネットで検索してみたら、今はホントいろいろな種類があるのですね
。一昔前は、モスコフスカヤ、ストリチナヤ、リモーナヤ、ペルツォフカくらいしか
銘柄がなかったけど、今は皇帝ウォッカだの、
前大統領プーチンの名前を取ったものまであるんですね。






ロシア(海外生活・情報) ブログランキングへ



海外映画ランキング







オリガ

origa

(ヤコブレヴァ=オリガ・ヴィタリーエヴナ)

ロシア出身、日本で活躍している歌手です
ヒーリング系の歌声ですので、ヘイリー、エンヤ、
ケルティックウーマンが好きな方なら、気に入るんじゃないかと思います


プロフィール
シベリアのノボシビリスク市出身
ロシア国内の音楽学校を卒業
札幌にホームステイにきたことがきっかけで、日本でデビュー
代表曲「ポーリュシカ・ポーレ
そのほか、アニメの主題歌やヒーリング系の曲多数

origa公式サイト




snow5



イーラ・オブ・クイーンズ
オリガ
GEMMATIKA Records
2003-11-19



オリガは母国語のロシア語で歌うことがほとんどですが、
このアルバムは、イタリア語や、
何の言語かわからないものを集めたものです。
オリガ独特の不思議空間をお楽しみください、ということかもしれません
 ポップスからの脱出を図ったのでしょう。
ジャンルはあえて言えば、ニューエイジなのかもしれません
5曲目のアルバムタイトル曲「女王の時代」は、
リズミカルでおしゃれな感じに仕上がっています




 

THE SONGWREATH(DVD付)
オリガ
GEMMATIKA Records(DDD)(M)
2008-10-08




新曲2曲と、リメイク5曲。

1曲目の「Cradle,cradle」にでてくる「バーユバーユ」って
聴いたことがあると思ったら、
コサックの子守唄の「眠れ」の部分、「バーユシキバーユ」と
同じ単語なのでしょう。
ただ、こっちの曲はインパクト弱し。

 

2曲目の「Chance」はポップスっぽい。こっちのほうが個人的には好き。

リメイクの曲って、大概そうだけど以前より伴奏がうるさくなるだけで、
あまりよくならないものが多い。
このCDのも、そう。

最後の「We can hear your Pulse.」は、
全部ロシア語にしてくれるとよかったです。 







Lost and Found
ORIGA
SPACE SHOWER MUSIC
2015-10-21



all about ORIGA 1994-2014
ORIGA
SPACE SHOWER MUSIC
2015-10-21





ロシア(海外生活・情報) ブログランキングへ




海外映画ランキング




米原万里 著書

米原万里 公式サイト



旅行者の朝食 (文春文庫)
米原 万里
文藝春秋
2012-09-20


タイトルから推察されるとおり、食べ物に関するエッセイ
旅行者の朝食とは、日本では全然知られていないが、
ロシアではよく知られている、ある有名な食べ物を
ユーモア交じりで取り上げている

他、食材や食習慣に関する作品も多数
米原さんの著作をいくつか読んできて感じたが、
米原さんは、こういう比較文化論の文章が、本当にお得意なよう







 

著者の豊富な通訳経験から得たエピソードを紹介
タイトルから、下ネタ関係が豊富な感じがするが、それほどでもなく
それよりも、言語学や文化論などをテーマにしたものが多い

対談も収録されている







 

著者の数少ない小説で、著者の自伝も兼ねている

少女時代をプラハで過ごしたヒロインは、
ダンスの教師のオリガ・モリソヴナの過去が非常に気になっており、
ソ連崩壊後、情報が公開されるようになった ロシアで、
オリガ先生の半生をたどっていく

オリガ先生の意外な過去と、壮絶な経験がきっかけとなった「反語法」
そして、ロシア通の著者でなければかけない、
ソ連邦時代の闇の部分も、突きつけられる



ロシア(海外生活・情報) ブログランキングへ




海外映画ランキング





自己紹介
<ロシア語学習歴>
15~17歳、独学
18~22歳 大学(第2外国語)
23歳~  独学でやったりやらなかったり

<ロシア渡航歴>
2回  (1990年8月、2001年6月)

<友達>
ロシア人の友達は、ダンスの先生1人だけ(涙)
ただし、引っ越してしまったのでフェイスブックだけのお付き合い

<勉強ツール>
NHK教育のTV・ラジオ講座
記事検索
タグ絞り込み検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
アマゾン






楽天市場