中途半端なロシア語学習者のチェトラーチ(тетрадь)

学生時代に習っていた第2外国語、ロシア語をおさらいしつつ、 ロシア時事ネタも扱います。 その他、海外ドラマ(韓国ドラマ)、映画のレビューなど

【映画】 コップベイビー

原題は、напарник。
仲間、とか相棒とかという意味。
オレグパパとクロモフの間柄を表しているんだろ思います。
ちなみに、「コップベイビー」をそのまんまロシア語にすると、
「полицейский ребенок」赤ちゃん警官、 かな。


こちらはドバタバコメディで、
1歳の誕生日目前の赤ちゃんと潜入捜査官のおっさんとの
中身が入れ替わってしまう話。
家族と一緒に気楽に見れます。


二人は、赤ちゃん(ヴァーニャ)が誕生の時点で入れ替わってしまうのだけど、
ヴァーニャ(体が赤ちゃんで中身がクロモフ)が口がきけるように
なったのが、1歳の誕生日5日くらい前のことで、
その時に、クロモフ(体はヴァーニャだけど)はオレグに事情を話して、
二人がもとに戻れるように、行動を開始した、というあらすじです。


パパのオレグは、環境課の警官。
環境課というのが実在するのか、
あるいはこの映画内の設定なのかわからないけど、
シンガポールでガムやたばこのポイ捨てを取り締まるみたいに、
街の清潔さを保っています。
オレグは個人的に植物が好きなようなので、
花を折ったり芝生を傷める人に、特に厳しいようです。


この話、極東のウラジオストクが舞台です(日本にとても近い街)
軍港都市として有名だけど、
レインボーブリッジみたいな橋があったりして、
瀬戸内海に面した都市みたいな雰囲気です。
あと、チャイナタウンもあるようです。
確かに、中国との国境が近く(と言っても100キロくらいはありそう)
のところにあるようです。


ちなみに、こちらは私にしては珍しく、日本語吹き替えで見ました。
ケーブルテレビの放送が吹き替え版だったかららしいですが、、、、
日本語吹き替えなのに、挿入歌や人名がロシア語であるのが、
ちょっと奇妙な感じがしました。

いつか、ロシア語版(日本語字幕はありで)を見てみたいな



コップ・ベイビー [DVD]
エリザヴェータ・アルザマソワ
アメイジングD.C.
2018-12-05







ロシア(海外生活・情報) ブログランキングへ



海外映画ランキング





【映画】 極秘捜査

実話をもとにした韓国映画です。

とある小学生の女の子がさらわれ、身代金の要求がありますが、
被害者の親は占い師に頼って、この映画の主人公である刑事に、
捜査を担当してもらいます。
そして、その占い師も捜査に加わって、女の子を取り戻そうとする、、
という設定です。

ですので、この映画のミソは、「占い師が捜査に参加する」という
ところらしいのですが、
肝心の占い師があんまり存在感がない感じでした。
もちろん、演じている役者さんはほかの映画でもよく見るので、
実力派ではあろうと思うのですが、
この映画においてはもっと、占いのやり方とか内容とか、
占いの結果の分析を詳しく取り上げてほしかったです。


それよりも、警察内部での縄張り意識などが取り上げられて、
テーマが散漫になったような印象でした。
そもそも「極秘捜査」というタイトルなら、
2~3人の刑事でひっそり捜査をやっているようなイメージですが、、
地元警察と首都(ソウル)警察と、あちこちの警察が絡んできて、
功を争ってもめたりしていましたね。


一方、さらわれた女の子の母親も憔悴しきって身代金を渡しに行けなくなり、
代わりに女の子の叔母がその役割をするのですが、
その母親の印象も薄かったです。


主役の刑事さんは、きちんと存在感がありました。
この人、「復活」のポップコーン探偵なんですね。
この映画では、全然ポップコーンを食べていませんでしたけど








極秘捜査 [レンタル落ち]
キム・ユンソク
2016-09-02







ちなみに、「復活」。もう13年くらい前のドラマなんですね。

復活 DVD-BOX 1
ポニーキャニオン
2006-12-20



ロシア(海外生活・情報) ブログランキングへ



海外映画ランキング



【映画】 ライオン 25年目のただいま

製作はオーストラリア、インドとオーストラリア半々が舞台の映画です。

仕事に出かける兄にむりやりついて行った挙句に迷子になり、
ストリートチルドレンを経て、オーストラリアに養子に出された
少年の物語です。

実話だということで、サルー少年は成長してから、グーグルアースなどを使って、
自分の生まれ故郷を探し当て、母と妹に再会することができました。

再会できたこと自体は予想がつくので、ネタバレにならないと思いますが、、、

この映画の見所は、前半はインドの子供たちの貧しい暮らしぶり。
ストリートチルドレンだけでなく、一応親がいる子も
生きていくために大変です。


後半はどうなのかな?
サルー青年が自分の故郷にたどり着く過程を
ミステリー仕立てにしてくれると面白かったのですが、
彼女との痴話喧嘩とか、養母の神秘的な価値観とか、
同じ家に養子にもらわれてきた、義理の兄となった人との不仲とか、
テーマが散漫になっちゃったような気がします。

これもまたよくあるパターンなのですが、
サルーの養母も実母もよくできた人で、
最後は、二人の母親同士も顔合わせしてめでたしめでたしと
なったようです。

サルーはストリートチルドレンにまで追い詰められても、
裕福な夫婦の養子になり、教育も受けられて、
そういう点では、とても運がよい少年だと思いました。
あのまま、実の親のところで成長しても、
はたして、きちんと学校に行けたか、とか
成人するまで生きられたかどうか?という疑問もあります
(貧しいゆえに、病気やちょっとした事故で早死にするとかの可能性も高いですからね)


ネタバレになりますが、サルーが迷子になる原因となった兄は、
まだ未成年のうちに事故死しました。
それも、児童労働をさせられたのが遠因なのです。

サルーは運がいいといっても、
貧しいがゆえに、自分の故郷に帰るのが遅れた少年でもあります。
実の母親が文字が読めないゆえに、行方不明の子供の情報を見ても
気づかない、という、悲しい現実がありました。

最後に、この映画のタイトルの「ライオン」はおそらく、
サルー少年の名前のことをいっているのだろうと予想していましたが、
それについては、一ひねりありましたね(ちょっと悲しい話だけど)










25年目の「ただいま」
サルー・ブライアリー
静山社
2015-09-18



LION/ライオン ~25年目のただいま~ [DVD]
デヴ・パテル
ギャガ
2018-10-05





ロシア(海外生活・情報) ブログランキングへ



海外映画ランキング


ミスワールド

第58回ミス・ワールド世界大会が13日、南アフリカのヨハネスブルクで開かれ、
ロシア代表の金髪美女、クセニヤ・スヒノワさん(21)が優勝した。

 スヒノワさんは北西シベリア出身で、チュメニ石油ガス大学の現役女子大生。
栄冠に「とてもエキサイティング。素晴らしいわ」と喜んだ。
夢は世界をまたにかけるスーパーモデルで、
最終審査では「もしミス・ワールドに選ばれたら」との質問に、
「人々を救えると思うし、できると思う」とアピールしていた。




確かにロシアは美人な人が多いと、以前から思っていた。
私も美人は好きだし、いいことだと思う。
美貌も一種の才能であるし、美貌を維持するのも、努力が必要である。






ロシア(海外生活・情報) ブログランキングへ



海外映画ランキング






【映画】 ヴァーサス

原題は「молот」、ハンマーのことです。

ハンマーと言えば、ソ連邦の国旗にハンマーが描いてありましたが、
それとは関係がないかな(笑)

ハンマーは、主人公ヴィクトルのあだ名です。
多分、相手をボコボコに殴るイメージから
ついたんじゃないかと思います。
作品中、試合を観戦している客が「молот」と書いた
横断幕を掲げているシーンもありました。


この主人公の本名ですが、たぶん推測がつくと思いますが、
「勝利」という意味です。
格闘家にふさわしいですね!

そして、対戦相手のリヴェラ(アメリカ人らしい)は、あだ名がタイフーンです。

さらに、格闘家ではありませんが、悪役はあだ名がシャーク。
なぜ「サメ」なのか、その由来を語るシーンはありませんでした。
(作品中はロシア語で「акула」と呼ばれていたが)


この作品は、格闘家のヴィクトル(ビーチャ)、とマフィア?のシャーク(アクーラ)、
そして二人の高校時代のあこがれの女性、ヴェラとの
三角関係をメインにした話です。
舞台は、総合格闘技というのかな?(私はこの分野、全然くわしくありません)
ボクシングとレスリングを組み合わせたような試合をやっていました。


この作品、最初の15分くらいでアクションとカーチェイスという
見せ場を早速持ってきています。
ヴィクトルとヴェラは高校卒業以来の再会だったようですが、
さっそくいい雰囲気になったときに、
彼女をめぐってヴィクトルとシャークが喧嘩になります
(というか、シャークが一方的に襲ってきたのだが)
そのときの交通事故で、ヴィクトルは頭に怪我を負い、
選手生命が危ぶまれるのです。


ここまで相手に大けがをさせたシャークが、
刑務所に入らず、のほほんと過ごしていられたのは、
多分、警察に袖の下を渡したんでしょうね。


ここからさきはネタバレになりますが、
シャークの罠にはまりながらもヴィクトルは無理やり復帰して、
リヴェラとの試合に臨みます。


で、いろいろあったのですが、奇跡的にリヴェラに勝利して、
ヴェラも取り戻して、二人でまたいい雰囲気に
なったときに、またシャークに襲われます。


というか、それまで何度もシャークに脅迫されていたのに、
全然警備の人をつけないで二人だけで帰宅しようと
するのも、ムリがあると思いますけどね。


とにかく、シャークというのはかっとなりやすい性格の様で、
トラックをハイジャック?して二人の車をつけ回し、
またカーチェイスになりますが、
今度はヴィクトルがシャークをやっつけて
ハッピーエンドということになりました。


とにかくこの作品は、格闘技の試合シーンと
カーチェイスではらはらさせるのがウリなんでしょうね。
確かに、食事しながら見ているとはらはらして、
なんだか消化に悪そうでした。


ところで、どこかのレビューで「ヴィクトルがロシア人に見えない」
というのがありましたが、
私に言わせると、シャークのほうが、ロシア人ぽくないです。
こういうちゃらちゃらしたボンボンは、ハリウッド映画にはよく出てきますが、
ロシア映画では珍しいと思います。


あともう一つ、
この映画、あんなところで終わりにしないでほしかったです。
ハッピーエンドなのはわかったのですが、
その後、ヴィクトルは選手活動をつづけたのか、
あるいは引退して別の仕事をしながらヴェラと平和に暮らしたのか、
くらい、見せてほしかったです。






自己紹介
<ロシア語学習歴>
15~17歳、独学
18~22歳 大学(第2外国語)
23歳~  独学でやったりやらなかったり

<ロシア渡航歴>
2回  (1990年8月、2001年6月)

<友達>
ロシア人の友達は、ダンスの先生1人だけ(涙)
ただし、引っ越してしまったのでフェイスブックだけのお付き合い

<勉強ツール>
NHK教育のTV・ラジオ講座
記事検索
タグ絞り込み検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
アマゾン






楽天市場