ロシアの落日 Падение России

ロシアを斬るブログ ときどき海外ドラマレビュー (こちらは以前のブログ説明です) 学生時代に習っていた第2外国語、ロシア語をおさらいしつつ、 ロシア時事ネタも扱います。 その他、海外ドラマ(韓国ドラマ)、映画のレビューなど

ロシアによるウクライナ侵攻が始まってから
ロシア語の歌を聴かなくなりました。
だって、ロシア語を聴くと、ウクライナの人たちの
感じている恐怖が(特にウクライナの女の子の)思いやられて
非常に気持ちが暗く沈むからです。
それはあたかも、PDSDみたいな感じです。


私はかつては、ロシア語が一番好きな外国語だったのに、
こんなことになるなんてね、、、、


ただ、この間この動画を作るために、




久しぶりにオクジャワの「グルジアの歌」を聴きましたが、
聴けました!

要するに、非ロシア人のロシア語ならまだ、セーフなんですね






まあ、最近はどの国であろうとポップス自体、あまり聞かなくなったから
困らないんですけどね。
車を運転するときは、youtubeの動画で聴くだけで(画面を見なくても)
内容が理解できるものを流しています



ロシア(海外生活・情報) ブログランキングへ



ロシア語ランキング




海外映画ランキング



管理人のyou tubeチャンネル





私のyoutubeチャンネルの最新動画はコレ↓です



(日本史の動画はサブチャンネルに移動しました)
樺太の話ですね
この動画を作るために、youtubeのほかの関連動画を見てみました。
戦前の日本領時代の樺太は、きちんと街が整えられ、産業もあったわけですが、
現在の真岡の様子という動画を見てみたら、、、



(これはよその方の動画です、念のため)
70年以上たっても、こんなうらぶれた様子でしかなかったです。
こんなに、国内を統治する能力のない国が、領土だけは広げようとするなんて、
笑止千万です。

樺太も、日本領のままだったらもっと栄えていただろうになあ、残念。


ロシア(海外生活・情報) ブログランキングへ



ロシア語ランキング




海外映画ランキング


管理人のyou tubeチャンネル



まず、ブログのタイトルを変えました。
私はいくつかのHP、ブログアドレスを変えながらも
20年以上前から、ロシアとロシア語愛好ブログを続けてきました。

でもさすがに最近、かの国の暴挙に我慢の限界を超えましたので、
「愛好」は捨てて、ただすでにしっていることと、多少の自分の意見を付けて
ブログは続けることにしました。

と言っても、こうなると書いていて楽しいのはドラマレビューなので
海外ドラマレビューをメインに続けます。



さて、本題ですが、フィンランドのマリン首相人気?がきっかけで
フィンランドの映画に興味を持ったので、
この「浮き雲」を見てみることにしました。
これは、それほどストーリーが凝っていないので逆に
フィンランドの人々の暮らしぶりを見るのにちょうどいい映画です。


共働きしていた中年夫婦が、ほぼ同時期に失業しました。
この映画が撮影されたころ、フィンランドはホントに不況だったようです。
二人とも求職活動をしますが、どっちもうまくいかず
結局は、自分たちで商売を始めよう!ということになりました、
というストーリーです。


フィンランドのインテリアは、壁紙に青を使うことが多いのと、
あと、フィンランド人ってガタイのいい人が多いんだな、という印象でした

主演女優、 カティ・オウティネンのインタビュー



マリン首相についての(ショート)動画


浮き雲 (字幕版)
サカリ・クオスマネン
2022-05-15





ロシア(海外生活・情報) ブログランキングへ



ロシア語ランキング




海外映画ランキング


管理人のyou tubeチャンネル



最近、ロシアの映画を見る気がなくなったので、
その代わりにみたのが、このドラマです。
リフォーム業者のシャノンが建築技術を知識を生かして
事件を解決する、というものです。

最初はリフォームの依頼人だった、作家のマックとの関係もいいですね~。

ただ、ミステリーとしてはよかったものの、
こういうドラマってやっぱり、主な登場人物は白人で、
脇役やチョイ役は、黒人だったり東洋人だったりするね。

その点はアメリカはもっと、改善する余地がありそうです。


アマゾンプライム↓









ところで、youtubeの方の動画の新作です。
ロシア軍のキーウ近郊での残酷な行為の報道を聞いて、
真岡郵便局事件のことを何十年かぶりに思い出しました。
ブチャやボロジャンカでのような目にあうくらいならいっそ、と
毒薬を飲もうという気になるのも、わからなくはないです。
そういう思いから作った動画です。ぜひ見てください。




ロシア(海外生活・情報) ブログランキングへ



ロシア語ランキング

管理人のyou tubeチャンネル





海外映画ランキング

ウクライナ国防省が、ブチャの虐殺にかかわった
可能性が高い、ロシア軍兵士のリストを公開しました。


確かに、こういうやり方については批判もあり、
私も、平常時だったらやりすぎだと思ったでしょう。
でも、現実としてたくさんの罪なき人の死があるのです。
このリストも、いつか大いに役立つこともあるかもしれません。
リストの文字が読めなくても、無念の死を遂げた人たちのためにも、
このリストのことは注目してあげてください。


そう思って、リストの理解に役立つように、
多少の訳を付けたものを公開します。
軍のシステムがよくわからないので、何を指しているかわからない項目もありますが、、

ウクライナ国防省HP

https://gur.gov.ua/content/voennye-prestupnyky-neposredstvenno-uchastvuiushchye-v-sovershenyy-voennykh-prestuplenyi-protyv-naroda-ukrayny-v-h-bucha-voennosluzhashchye-64-otdelnoi-motostrelkovoi-bryhady-35-oa-vvo.html


兵士リスト


個人番号・・日本でいうマイナンバーみたいなものか?
Таб.№・・タブナンバー
役職・・大佐とか中佐とかみたいなもの
姓名・・名字+名前+父称 の順
Кем выдан・・発行者、、地名と「内務省」というのがよく出てくるので、
     軍に所属するときに手続した役所?ということなのか?


犠牲になられた方のご冥福をお祈りします。



ロシア(海外生活・情報) ブログランキングへ



ロシア語ランキング




海外映画ランキング


管理人のyou tubeチャンネル



このページのトップヘ